人に感染するインフルエンザを予防薬の投与で予防しよう

インフルエンザが流行し始める時期になると、人からの感染にはより一層注意しなければなりません。感染力の強いインフルエンザを効果的に予防するには、予防接種を受けること、マスクを着用すること、部屋の温度や湿度を適切に保つこと、手洗いうがいをすることなどたいへん多くの事柄が関係しています。しかしこうした予防策に加えて、実に効果的な方法があるのです。それが予防薬の投与です。
予防薬の投与は、予防接種とは異なっています。実際、インフルエンザの予防薬としては、タミフル、リレンザ、またイナビルなどがあります。これらの予防薬を使うポイントは、できるだけ早期に投与するということです。つまりインフルエンザウイルスの量がまだ少ないうちに投与するのが効果的であるということです。仮にインフルエンザに感染している人と接触してしまったという場合には、インフルエンザを発症する前、つまり熱が出たり体のだるさを感じたりする前に予防薬を投与することがすすめられています。
とは言っても、予防薬の投与はそれほど簡単に行なうことはできないと言われています。たとえばタミフルの予防投与に関して言えば、残念ながら全ての人が対象となっているわけではありません。具体例を挙げれば、インフルエンザに感染している人と同居している家族か共同生活者のうち、高齢者の方や、慢性の呼吸器疾患を患っている方、慢性の心疾患を持った方、さらには腎臓機能障害を患っている方など、特定の方々に限定されています。特に腎臓機能障害の方の場合、腎機能の低下の程度によって投与される予防薬の量が異なると言われています。
予防薬とは言っても副作用のリスクも心配されています。そのため投与については医療機関に相談することができるでしょう。